アカルボースが2型糖尿病に効果がある

2型糖尿病は自覚症状がなく、血中のブドウ糖が通常より増えることによって起こる病気です。高脂肪の食事や運動不足によってインスリンの分泌が不足することで、ブドウ糖をグリコーゲンへと蓄える力がなくなり、血糖値が高いままになることで様々な合併症を引き起こす原因となります。アカルボースはこうした2型糖尿病に効果があるとされ、通常の食生活で血糖値が上がりすぎてしまう患者に処方される治療薬です。血糖値が上がるには小腸からブドウ糖を吸収する必要がありますが、通常の食事で摂取されるブドウ糖は成分が連なった状態で飲み込まれるため、小腸では大きすぎて吸収することができません。例えば食物から摂取できる糖は幾つものブドウ糖や水飴が繋がった状態となって、その総称をデンプンと呼びます。このまま体内に取り込んでも大きな糖となって吸収が不可能となるため、小腸の粘膜内に存在するαグルコシダーゼを使って、デンプンを最小単位の糖へと分解します。こうすることで小腸がブドウ糖を吸収できるようになり、血液へと運び込まれますが、大量に吸収されるとインスリンの作用限度を超えた量となって血糖値が上昇するようになります。そこでアカルボースでαグルコシダーゼの働きを抑えることで、糖の分解を抑制し小腸の吸収を阻害して血糖値が上がりすぎないように手助けをします。結果的に血中のブドウ糖の量が減り、インスリンの分泌量で対応できる範囲となることで血糖値の上昇が抑えられます。アカルボースは糖尿病に対して効果がありますが、血糖コントロールをするだけで根本的な解決にはならない治療薬となっています。糖尿病を改善するには、必ず医師の指導に従って食事療法や運動療法を行うようにしましょう。

アカルボースを配合している医薬品の種類

近年、ダイエットに勤しむ方々の間で話題になる機会が多いアカルボースは、元来糖尿病患者に対し処方される薬剤です。アカルボースを服用することで、食後に血糖値が上昇することを抑えられます。元来、糖尿病の患者に向けて研究し、開発された薬なので、ダイエット薬ではないと言われていますが、実はダイエット薬として開発されたという裏話もあります。人間の身体というのは、食後に血糖値が上昇することで、脂肪が蓄積されます。こうした点から、脂肪を付けたくなければ、血糖値を挙げなければ良いという事になります。アカルボースは、食後の血糖値の上昇を抑制させる働きがあるので、食後に血糖値が上昇せず、摂取した食物が脂肪になりにくいという仕組みです。中でも、炭水化物というのは、およそ60%が体外に排出されてしまうとされています。食事を終えた後に、数値が高くなりにくい食物を口にすることで、体内においてインスリンの分泌が抑制され、自然に痩せられるというメカニズムの低インスリンダイエットと同じ効果が、アカルボースによりもたらされるのです。また、仕組みとしては、炭水化物抜きダイエットと同一です。服用方法は、簡単でしっかりとご飯を食べる前に、アカルボースを1錠服用するだけです。このように、運動や食事制限といった苦労をすることなく、痩せることができるアカルボースは、副作用が無いというのも魅力です。しいて言えば、腸内にガスが増えるというくらいで、大きなリスクとなる事はありません。
そのため、他の薬剤と併用することに対し、問題点は無いものの、一定の薬と共に服用することだけは避けましょう。その理由は、アカルボースと合わせてしまうことで、お腹が緩くなるためです。

アカルボースの成分は体内でどのように影響するのか

アカルボースは炭水化物を消化するのに必要な酵素、特に小腸から分泌されるαグルコシダーゼやすい臓から分泌されるαアミラーゼの活性を阻害します。αアミラーゼの働きは澱粉をオリゴ糖(ブドウ糖が3個から数個結びついたもの)に分解することで、αグリコシダーゼは、オリゴ糖や三糖類や二糖類を単糖類に分解する事です。この二種類の酵素を阻害すると、炭水化物の消化率が落ちグルコース(単糖類の一種)の体内への吸収が減ります。
アカルボースを飲むことにより、短期間に血糖を下げることができ、グリコヘモグロビン値(ヘモグロビンにグルコースが結び付いたもので、血糖値が高ければ高いほどこの値が上がります。)を下げる効果があります。なお、ヘモグロビンの生体内の寿命は約120日で、ヘモグロビンA1cのヘモグロビンに対する割合は、過去1カ月から2カ月の血糖値の指標となります。約3000人を調査した結果、ヘモグロビンA1cが1%上昇すると、心血管障害のリスクが、25%上昇すると言う報告があります。アカルボースは炭水化物の消化を阻害する薬のために、食事の直前に摂取する必要があります。食事に含まれる炭水化物の量にもよりますが1回50mgから100mgのアカルボースを1日3回飲む必要があります。注意すべきことは、アカルボースは、炭水化物のグルコースへの消化を阻害するので、結腸に炭水化物がたまり、そこで最近が炭水化物を分解するので、おならが出たり、下痢が起きたりします。アカルボースを使う事により、反対に低血糖に苦しむ場合があります。このような時はフルーツジュースを飲んだり、グルコースタブレットなどの単糖類を食べればよいのです。でんぷんを食べても、低血糖の改善にはつながりません。