日本人に多い肉体に負担の糖尿病はアカルボースで対策

血糖値が高めの方で2型糖尿病の発想を懸念されている方に、将来の発症を予防可能なお薬があります。日本でも最近新しく処方され出したアカルボースというお薬です。糖尿病は食後の血糖値を調節する膵臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなることで、調節がされにくくなり血糖値が急激に上がることで引き起こされる病気です。血糖値が高いまま対策しないでいると、腎臓・視神経などに異常が生じ肉体に負担をかけることになります。肉体に負担をかけず健康を維持するためには、血糖値の上昇を抑えるのが一番です。アカルボースを食事の前に飲むことにより、食べた糖分の腸内での消化・吸収が遅くなり食後の血糖値の上昇を抑えることができます。糖尿病の予防・緩和には食後の血糖値の上昇を抑制するのが最も効果的なので、アカルボースは血糖値の高い状態・2型糖尿病になる可能性のある方向けのお薬となっています。

アカルボースを摂取する際には、薬での療法だけではなく食事療法も併用して行うことも大切です。日本は昔から主食に米類が多いですが、米類などの炭水化物は糖分が高く血糖値が上がりやすい食べ物。そのため日本人は痩せている人でも、実は血糖値が高いという割合が高くなっています。血糖値の上昇を抑制する薬を飲んでいても、それだけに頼らずに食事バランスにも気を付けるようにしましょう。お米を食べ過ぎないようにし、肉・魚、野菜もきちんと摂るようにします。この薬は血圧を下げる薬と一緒に飲むと問題があるので、併用は避けるように。ほかにもアルコールと一緒に摂ると、低血糖を起こす恐れがあります。肉体に副作用が出ないようにしながら摂取するよう心がけましょう。興味のある方は、医師からの説明を受けてみてください。