パソコンライフを快適にするpcパーツ
2019年1月31日

初心者向け通信関連用語「自作PC」

初心者向け通信関連用語「自作PC」の説明。

自作PCは通信関連で使われる用語です。メーカーが販売している完成品ではなく自分でパソコンのパーツを選んで購入し、組み立てる一種のハンドメイドです。その声質上、ITや通信関連の仕事をしている人たちに人気です。自作PCの製作は初心者向けの解説サイトなどを使えば特別な専門スキルを持たない初心者にも可能ですが、トラブルなどが発生すると数万円から数十万円の投資をしてパーツを揃えたにも関わらず、パソコンが起動しなかったり不具合が出るなどの問題が発生する可能性があるため、敷居の高い一面もあります。

自作PCを製作するメリットは大きく2つあげられます。1つはコストパフォーマンスでかつては同等のスペックのマシンを購入するのに比べて5万から10万ほど安く仕上げられることが可能でした。現在はパソコンの低価格化や店側の価格競争などもあり以前ほどコスト的に有利ではなくなりましたが、それでも自作すれば既成品よりも1万から2万程度は得することが可能です。

もう1つのメリットはパーツを自分の目的に合わせて取捨選択することが可能なため、自分の使用用途に最適なマシンを手に入れられるということです。またパソコンが不調になった時でも不調の原因となっているパーツだけを交換すれば1台のマシンをより長く経済的に仕様することができます。しかしこうした要素は自作愛好家にとってはある種の副産物であり、彼らが時間と手間をかけてマシンを作るのはそれ自体が楽しい趣味だからです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *