井戸水もろ過器があれば飲むことができる?

庭に井戸がある家も現代では少なくなっているようですが、井戸は埋めると罰が当たるので蓋だけしめて放置している人も多いようです。

井戸は従来生活に欠かせない存在、現代のように水道設備がなかった時代の飲料水として使用され続けていました。井戸水はミネラル分が豊富に含まれているなどからも、ミネラルウォーターを愛用している人にとっては興味深い存在ではないでしょうか。ただ、長年使わずにそのままにしていたり、ほとんど飲料水として使っていない井戸水はそのまま飲むとお腹を壊してしまうため最初に保健所に依頼して水質の検査を受けておきましょう。

水質検査を受けて飲料水として使えることがわかればミネラル成分が豊富に含まれている水を使えるようになるわけですが、井戸水にはいろいろな不純物も含まれているのでろ過器が欠かせない存在です。そもそも井戸は地下水をくみ上げるための設備の総称、時代劇などでみる井戸は桶にロープを結び、下にたまっている水をくみ上げるなどの使い方をしていますが、現代では給水ポンプを使ってくみ上げることができるので便利です。

ろ過器はいわゆる浄水器を意味するもので、井戸専用のろ過器も市販品にあります。ろ過器の性能にもよりますが、水をくみ上げたときに浮遊物が浮いている、臭いがある、濁り水になっているなどろ過器をつかうことで不純物を取り除くことができるので安心して飲料水で使えます。自宅の庭に井戸があるなど、このような設備を導入すれば安心して飲むことができる第二の水道設備を確保できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *