熱交換器 スケールの洗浄剤について

熱交換器スケール付着によって、冷却水の流れが悪くなることは機械の温度上昇を招いてしまい、機械の正常動作を阻んでしまう原因ともなりかねません。

そのため熱交換器スケールの付着を防ぐ必要がありますが、付着してしまう原因にはどういったことがあるのでしょうか。スケール付着の原因は、冷却水を入れ替えることなく使用し続けることで、水分中に含まれるカルシウムやシリカ、マグネシウムなどの不純物濃度が高くなることにあります。このような物質は、過飽和となってしまうと水から分離して固形物となりスケールとして付着するのです。

スケールが形成されてしまうと、金属ブラシといったものでも容易に除去することは難しいです。そのため、化学反応による専用の洗浄液を使用することが一般的に知られています。洗浄剤は、熱交換器スケールを構成する物質ごとに使用するものが異なります。カルシウムが多く含まれているスケールであれば、塩酸主体の洗浄剤を使用します。注意する点は、塩酸は酸性強度が非常に高いため、洗浄後はアルカリ剤で中和したうえで、必ず産業廃棄物にて処分することです。また、スケールがシリカ主体で構成されているのであれば、フッ化水素酸を添加している洗浄剤がお勧めです。これは、塩酸の洗浄剤にフッ化水素酸を付加することでよりカルシウムよりも硬質なシリカに対応することができるのです。フッ化水素酸の場合も、洗浄後は、苛性ソーダなどによる中和処理のうえで、産業廃棄物処分が必須となります。
熱交換器 スケールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *