熱交換器 メンテナンス

熱交換機は、一般的にはエアコンや冷蔵庫などに使用されている機器です。

温度の高い流体から低い流体へと熱を移動させることで、効率的に熱エネルギーを交換しています。加熱や冷却の際には、欠かせない機器であると言えるでしょう。熱交換器は、方式によっていくつかの種類があり設置場所や使用用途に応じて選ばれています。一般用としてだけでなく、産業用のボイラーや食品や化学薬品を製造する際の冷却、加熱工程においても重要な機器としてさまざまな業界から支持されていると考えられるでしょう。熱交換器メンテナンスは定期的に必要です。プレート式を採用している熱交換器は、可動部がなく構成部品が少ないため、故障やトラブルが少ないと言われていますが長期間使用するためには、点検が大切です。

熱交換器メンテナンスは、セルフで行うことが可能な場合セルフでは難しい場合があるため、状況に応じてプロに依頼しなければなりません。長期間使用していると、さまざまな部品が劣化します。例えばシール材が劣化すると、漏れが生じる危険性があります。伝熱プレートが破損、腐食してしまうと、液が混ざりあってしまいトラブルにつながることがあるようです。熱交換器にトラブルにより運転停止すると、製造ラインが止まってしまいます。そのような非効率的な事態に陥らないためにも、定期的な熱交換器メンテナンスが求められているのです。トラブルが発生してからでは手遅れになるため、期間を定めて点検する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *