熱交換器 メンテナンスの内容は

熱交換器メンテナンスは、熱を取り扱っている機器にとって重要なものです。

熱交換を行っている機器として身近なものとしてはエアコンや冷蔵庫などがありますが、仕組みとしては温度差のある流体の温度を移動させるというもので、例えばエアコンの場合には冷房を行う場合にはフロンガスなどの媒体を使って圧縮と膨張による温度の変動を利用して空気を冷やしますが、同時に熱が発生するため、それを室外機の冷却ファンを使って温度を下げます。

この交換を行う時には細かいプレートを使って熱の放出または吸収を効率よくしますが、このさいに非常に細かいプレートからなっており、それは脆いものですから、折れたりホコリが詰まるといったことが起これば効率が著しく悪化することになるものです。熱交換器メンテナンスの多くの場合には、このプレートの状態の確認と清掃になります。また流体の漏れなどをチェックすることも重要なポイントで、フロンガスなど熱を交換するための媒体が漏れている場合には熱交換の効率が悪化するため、漏れを塞ぐ作業やガスの補充などは必要になってくるものです。

またプレートを使わないで行う場合には、頻繁なチェックは不要ですが、それでも定期的な熱交換器メンテナンスを行うことが効率よく熱交換を行っていく上では欠かせません。熱交換器メンテナンスに必要な費用は、その仕組みや規模によってかわってきますが、工業用に用いられる熱交換器ではメンテナンスができるようになっており、また熱を扱う以上は耐久年数ごとに消耗部品を交換していく必要があるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *