熱交換器 スケールの対策

工場やオフィスのビルディングの空調設備などでよく使用される機器に、熱交換器があります。

熱交換器とは、例えば暖房用の温水を作る為に、蒸気などの加熱媒体を直接接触せずに温水用の水を加熱したり、逆に温度の高くなった水を冷水によって冷却したりする装置です。文字通り熱を交換する事で、電気を使用せず温めたり冷やしたりするので省エネ効果が高く導入が増えています。熱交換器の形状は、内部に無数の細い管が設置され、その中を水を通して管の外部から蒸気や冷却水で熱交換します。このため連続で使用すると、熱交換器スケールのトラブルが発生します。熱交換器スケールとは、熱交換器の管の内壁に水あかなどのスケールという不純物が付着し非常に問題です。

熱交換器スケールが進行すると管がそのうち閉塞し水が流れなくなったり、スケールにより熱が伝わりにくくなり、必要以上に蒸気や冷却水を使用する結果的となり、ランニングコストが増えてしまいます。この熱交換器スケールの問題を解消するためには、定期的なメンテナンスが必要です。熱交換器を分解してスケールを除去する作業は、メンテナンス経験のない人には無理なので専門業者に依頼する事を推奨します。メンテナンスコストは発生しますが、ランニングコストの増大と比較すると頼んだ方が殆どの場合安くすみます。専門業者により熱交換器を分解して管を1本1本掃除してくれます。掃除後は新品同様きれいになりますので、熱効率が元に戻ります。
熱交換器 スケールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *