熱交換の効率を下げる熱交換器 スケール

工業などで用いられる熱交換器は、薄い金属の板で構成されていて、そこに2通りの温度を持った流体を流すことでコントロールをすることが多いです。

そしてその流体の種類は様々で、複数の成分で構成されている場合も少なくありません。その性質が温度変化などの要因によって変化すると、金属板に付着することがあります。それをスケールと呼び、熱交換器にとっては付きものの問題です。

そんな熱交換器スケールは流体が金属板に触れるのを阻害することで熱交換の効率を低下させたり、大きくなって流れそのものを止めてしまう恐れもあります。特にカルシウム系の成分がスケールの元になりやすいので、それが溶けた流体を使用する場合には何らかの対策をしなければなりません。その熱交換器スケールの対策として挙げられるのは定期的なメンテナンスで、蓄積されたものを取り除いていくのが有効的です。

その際には化学的な反応を起こす専用の薬液が使用されることが多いです。基本的に分解作業を伴うので、もし溶接してある内部に大きなスケールが出来てしまっている場合は難しいかもしれません。当然熱交換器スケールの規模が小さければメンテナンスはやりやすくなるため、できるだけこまめに作業をすることが望ましいです。長期間放置しておくと最初に出来たものがきっかけとなって大きくなりやすいです。またスケールそのものの発生を予防するために、必要ない成分を取り除く工夫や、予防剤を混ぜ込むという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *