熱交換器 スケール除去はプロにお任せ

熱交換器スケールで配管に不具合が起こるということはよくある事です。

つまりが生じてしまうと、冷却水が上手く排出されずに機械の温度が高くなり、更なる不具合を起こしてしまう要因になります。熱交換器スケールというのは、水が溜まってしまうような箇所や流れが遅くなる箇所で発生しやすくなり、一度発生すると安易には除去すること出来ません。熱交換器スケールの原因は冷却水を入れ替えることなく使用しているいったことが挙げられます。スケールの種類にはマグネシウムやシリカなどの水に溶け切れない成分であり、冷却水を入れ替えないとこれらの成分が発生してしまう可能性が高まります。一度配管などに付着してしまった熱交換器スケールは強く擦ったくらいでは落としきることが出来ませんので、専用の洗浄液を用いて落とす必要性があります。

マグネシウムなどの不純物と化学反応を起こして除去される洗浄液を用いられるため、プロに除去を依頼することが賢明です。熱交換器スケールが発生してもそのまま放置しておくと機械に熱が溜まりやすくなってしまい、機械ごと修理に出さなくてはいけなくなったり、買い替えなども行なわなくなる可能性も否定できません。おかしいなと思ったらプロの企業に依頼をして除去を委託したり、定期的に点検や洗浄を依頼するなど心がけておくことも大切です。洗浄液は販売もされていますので、自分で行なうことも出来ますが、なれないうちは依頼をすると機械を傷つける心配もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *