熱交換器 スケールを除去

熱交換器スケール除去を利用すると、プレート熱交換器といった循環洗浄を行うことができます。

熱交換器スケール除去を専門に行っている業者があり、作業時間を短縮しながらリーズナブルな価格で利用することが可能です。定期的に熱交換器スケールを除去することで、設備を長持ちさせることができ経費を削減することができます。熱交換器洗浄作業の手順として、熱交換器スケール洗浄を行う側にあるノズルに、洗浄ユニットや配管などを取り付けます。冷凍装置のコンデンサーを洗浄するなら、片側に冷媒ガスが封入されているので洗浄液や水などを入れてはいけません。配管レイアウトは洗浄液入り口が下から入って、上から抜けるようします。

洗浄液を投入し、水によって希釈することが可能です。洗浄装置やポンプのスイッチを入れ、一定時間循環しながら、小型ブレージングや小型ガスケットタイプの場合は2時間ぐらい洗浄します。洗浄した後、廃液をタンクに抜いて水でフラッシングを行い、フラッシングの時間は10分~30分です。フラッシングした後、内部の水分を取り除くのがポイントで、小型ブレージングプレートを洗浄するなら、高圧エアーでブローを行い水を飛ばすことができます。廃液は苛性ソーダや重曹などアルカリ性分を使って、中和してから処分しているので安心です。工場が設置されている地域や条例、特例などによって排水基準が異なるので、処理方法を検討することが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *