熱交換器 スケールを洗浄する際のポイント

熱交換器スケール問題に悩んでいる企業が多いのではないでしょうか。

熱交換器スケールには、主にカルシウムやマグネシウム系の水垢がつくことが多いからです。このような熱交換器スケールの汚れには、強酸の洗浄液が有効です。強酸は、確かな洗浄力と短い洗浄時間、そして環境への配慮を両立させることがポイントになります。さらに素手で触れる可能性も高いので、安全性にも考慮しなければなりません。酸は金属を腐食させてしまう恐れがあるので、金属腐食が少ない、洗浄後の処理液が必要のないものを選ぶことも大切です。

他にもさまざまな熱交換器に利用できるものがいいでしょう。熱交換器のスケールには、多管式やプレート式などさまざまな種類があるからです。固定看板タイプの多管式熱交換器は、チューブ内面は高圧洗浄器でも対応することができますが、シェル側は固定されているので洗浄するのが難しいという特徴があります。しかし強酸を活用すれば、圧倒的な洗浄能力と速さによって、スッキリきれいにさせることができます。さらに洗浄後は水洗いのみで中和剤が必要ないので、プラント復旧時間の短縮につながります。廃液も扱いやすいので、洗浄の負担を減らすことができます。プレート式熱交換器はステンレスやチタンを使用しているケースが多いので、洗浄液による腐食に気をつけなければなりません。そのようなケースでも、強酸を活用すれば影響を抑えつつ短時間で洗浄させることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *