熱交換器 スケールの原因と対応方法とは

物体が高いところから低い方に移動する現象と同様に、熱エネルギーも高い位置から低い位置に移る性質があります。

水が入っている管はお湯で満たされた管の近くに置くと、管内の水が温まりますが、ここでも熱エネルギーの移動が起こっています。熱交換器はこの原理を応用したものですが給湯器はその一例です。家庭で使うお湯は給湯器で作られていることが多いのですが、ガスや電気による熱が熱交換器に通っている給湯配管内の水を温めることでお湯に変わっています。熱交換器は効率アップのため、内部管のサイズが細い上にとても長くなっているため、水の中に汚れなどがあるとスケールとなって管に溜まってしまいます。お湯の温度が上がらないことや、流れが悪い現象はこうしたことが原因であると考えられます。

この場合は修理が必要であり、水道工事店や製造会社など依頼をすることになります。熱交換のパーツ交換と、洗浄による管内部の異物除去が主な方法です。修理中はお湯が使えなくなるのと同時に、熱交換器スケール対応のための作業は、二つの方法の作業費の見積もりを受け取り、どちらで対処するかを判断すべきです。洗浄において用いられる薬液は、作業が終わり次第念入りに清掃が必要になり、お湯を長時間多量に流すことが必須です。普段使っている機器の熱交換器スケールの問題は、お湯の出が悪いことや温度が上がらないのがそのサインですので、発見しだい熱交換器スケール除去作業などの対応を業者に依頼するとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *