排熱利用とはどのようなものか

地球にある資源は有限であり、このまま消費を続ければいずれは枯渇してしまうということは多くの人が認識しています。

ところが現代人の生活はエネルギーを大量消費して維持されていて、対策を講じなければ危険な状態が将来的に来る危険性は高くなっているでしょう。そのため太陽光や風力を使った再生可能エネルギーの開発は増大していますが、それだけで問題が解決するとは言えません。このエネルギー問題の解決策の一つで行われているのが、以前はそのまま廃棄していた熱の再利用です。

熱というのは多くの媒体で発生していますが、以前は何もせずに放棄されていましたが、エネルギー問題と技術の革新から捨てられていた熱に対しても注目を受けるようになり、行われているのが排熱利用です。排熱利用の代表例はゴミを焼却処分する際に発生する熱であり、現在はこの排熱を利用して水を温水にしたり、高温の空気を流して暖房にすることで、再利用が活発に行われるようになりました。

温水では多くの人が利用するプールや入浴施設で使われたり、暖房では配管を設置して離れた場所にも高温の空気を届けて使う施設が存在しています。他にも排熱利用で水を加熱して蒸気を発生して発電に使えば電力供給にも使うことができて、その電力を販売すれば施設を維持する資金にも活用できるので、今ではゴミの焼却処分場の排熱利用は注目されています。本来はそのまま排出して無駄にしていただけに、資源の保護という観点からも意義があるのは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *