排熱利用で資源保護に貢献する

地球上の限られた資源を保護し、有効に活用しようという動きは世界各地に広がっています。

中でもエネルギー資源のほとんどを輸入に頼っているわが国では、省エネルギーへの関心がことのほか高い傾向にあります。そうした中、エネルギー消費量を減らしながら効率的に産業活動を続けていくためのさまざまなアイデアが開発・実用化されています。排熱利用もまた、そうした省エネルギーのための技術です。工場やオフィス、家庭などにおいて生み出され、通常であればそのまま排出されてしまう熱をさまざまな目的に利用することで、エネルギー消費量の削減に貢献しています。

排熱利用の熱源となる施設には、さまざまなものがあります。たとえば工場であれば機械を稼働させる際に発する熱や食品を調理・殺菌する際の熱、薬品の化学反応によって発生する熱など多岐にわたります。オフィスや家庭などでは、給湯設備が代表的なものとなります。それらの熱を利用する方法もまたいろいろですが、給湯器であればボイラーを燃焼する際に発生する排気ガスを回収し、そこから熱を取り出してタンクを予熱するのに使います。

一方、高温の水蒸気が発生するような場所では、その蒸気を利用してタービンを回し、電力を得たりもします。いずれの場合でも、排熱を利用しない場合よりエネルギーの消費量を減らすことができます。作り出した電力を使ってクーラーや冷蔵庫を稼働させることも可能なので、排熱利用と言っても高温エネルギーを得るだけでなく、冷却に利用することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *