気体の圧縮技術で排熱利用

排熱利用の取り組みが進められていますが、これにはヒートポンプという技術が利用されています。

ヒートポンプをわかりやすく説明すると物を温めたり燃やすと生じる熱を、コンプレッサーで圧縮して給湯や暖房に再利用します。これにより温めるのにかかるガス代や電気代に加えて、地球温暖化の原因と指摘されているCO2(二酸化炭素)削減も目指せます。排熱利用はごみ焼却場や大規模な工場だけでなく、身近なところでも取り入れられています。それを可能とするのが排熱利用の肝となる気体の圧縮技術です。

これは気体の持つ性質である「圧縮すると熱が高まる」という性質を利用しており、幅広い分野で利用されています。自動販売機は飲み物を冷やす機能と温める機能を持ちますが、物を冷やす際に奪った熱を内蔵するコンプレッサーにより圧縮して温度を高め、飲み物を温めることで省エネを実現しました。

工場やごみ焼却場のような高温でなくても排熱利用できるため、将来的には家庭で使われている冷蔵庫や飲食店で使われている業務用冷蔵庫にも採用される可能性があります。家庭用のものであれば、ガス会社や電力会社が提供しているヒートポンプが知られています。これは電気やガスを使った際に生じる熱を給湯に再利用することで、お湯やお風呂を温めるのにかかる光熱費を削減する効果を期待できます。物を温めたり冷やす際に生じた熱を圧縮し温度を上げて使う排熱利用は、省エネを実現する最も身近な技術です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *