排熱利用で省エネを実現

排熱利用で省エネを目指す動きが加速しています。

自治体が運営する運用するゴミ処理場は、毎日のようにゴミを焼却しており、その際には膨大な排熱が生じます。この排熱を場内の給湯や暖房に使えば、その分の光熱費を抑えられます。また地球温暖化の原因と考えられいるCO2(二酸化炭素)削減効果も期待できます。以前までは排熱をそのまま捨てられていましたが、省エネや環境意識の高まりにより、自治体だけでなく民間の製造部門を巻き込む形で対策が進められています。

近い将来、排熱を生み出すごみ焼却施設や工場以外の熱需要家の拡大を目指しており、各地で技術実証が始まりました。実は最も身近な自動販売機にも排熱利用の仕組みが備わっています。自動販売機には冷たいものと温かい商品を選べますが、排熱利用によって電気代を削減しました。冷蔵するには物の熱を奪いますが、この際に生じた熱をコンプレッサーで圧縮して温かい商品の加熱に利用しています。

これにより、温めるときの電力を大幅に抑えられるため、自販機の運用者にとっても多大なメリットがあります。自動販売機のような低熱であっても再利用できるのが、ポイントと言えるでしょう。なぜ工場やごみ焼却施設でもない自動販売機で排熱利用できるのか不思議ですよね。その秘密は気体の圧縮にあります。気体には膨張すると温度が下がり、圧縮すると温度が上がる性質が知られていて、コンプレッサーで排熱を圧縮することで、温度を高められます。省エネでありながら、利便性を維持できるのが排熱利用のメリットでもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *