排熱利用をして光熱費を節約する

一般的なエアコンやクーラーを利用するときに、熱交換という方法を利用しています。

これは、温かい空気と冷たい空気を交換して室内を快適な温度に調節する事ができます。室内を涼しくする為に冷房を効かせた場合に、部屋の室外の室外機の前に立つと温かい空気が出ています。この今までは不必要で大気に排出していた熱を利用する事を排熱利用といいます。大規模な事例でいいますと、トラックの長距離輸送を行う場合に、東京から北海道までの移動にて東京から北海道までは荷物があり、帰りは今までは空荷と呼ばれる、何も載せていない状態で北海道から東京まで移動するケースがほとんどでした。

最近の考え方ですが、北海道に積雪した雪をトラックに積載して東京へ運んで排熱利用をするという方法があります。これはトラックに関しては冷凍設備や冷蔵設備を備えることなく、簡易な断熱材を使用して雪を安価に運送します。その雪を大規模なビルの冷房施設の貯水タンクに雪を入れることで、冷房の空気の熱交換に大きな効果を得ることができます。

ほかには、石油コンビナートやゴミの焼却場にて焼却して燃焼する熱を今までは煙突から熱を廃棄していた物を水を沸騰させて温かい湯にする事で温水プールなどの熱として排熱利用する事が進められています。この考え方は、街ぐるみで考えられたスマートシティの大規模な物から家庭内の家電商品の中に組み込まれたものまで多数あり、今後の活用に期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *