身近なところで使われている排熱利用

石油や天然ガスなどを燃やしてお湯を沸かしたり部屋の空気をあたためたりする時、生み出される熱をすべて使うわけではありません。

物が燃焼する際には排気ガスが発生しますが、このガスに含まれる熱は、通常はそのまま排出されます。また、ごみの焼却などにおいては廃棄物の処理そのものが目的であり、熱が発生するのはあくまでも副次的な要素です。そのため、ここで生み出された熱も通常はそのまま排出されます。しかし近年では、限られた資源を有効に活用することが、地球環境の保護につながるだけでなくコストの削減にも役立つという観点から、このような「要らない熱」を活用しようという動きが盛んです。

これを、排熱利用といいます。排熱利用は、従来はそのまま排出していた熱を回収することで燃料を節約したり、あるいは別の目的に活用したりすることをいいます。家庭で利用できるレベルから大規模なプラントを設置するレベルまで、大小さまざまなスケールで実用化されています。排熱利用の分かりやすい例としては、給湯を上げることができます。

一般的な給湯器ではボイラーを燃焼させた際に出る排気ガスは煙突からそのまま排出していましたが、排熱利用タイプの機種ではこれをパイプで回収して機器の中にもう一度通し、温水を得る際の予熱として利用することで省エネルギー性を高めます。また、公営のごみ処理場にも、排熱を利用しているところがあります。焼却熱を利用して、温室付きの植物園などを運営している自治体は各地に見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *