マルチサイクロンで省スペース化に成功

粉塵処理やガス処理などに使用されるのが、マルチサイクロンです。マルチサイクロンとは、複数の小型サイクロンを束ねた形式を意味します。複数の小型サイクロンを使用することで高い集塵効果が期待され、大きなガス処理を行うことが可能です。マルチサイクロンは省スペース化にも貢献しており、設置面積を大きく取る必要がありません。

それでいてあらゆる風量に対応出来るものですから、作業効率のアップが期待出来ます。この大きな力を利用して、強力な旋回気流を起こし粒子を分離させる遠心力式集塵機として活用されるケースもあります。化学製品や食品だけではなく、金属粉や木粉・レジンといった物にもマルチサイクロンは利用可能です。中にはクリーニング装置を装着した機器もあります。

マルチサイクロンはこのように、遠心分離機としてのフィルターや能力を活用されるケースも複数存在します。水より重い固形物や重たい粉などを除去することが出来るため、水関連の製品やプールの機器として使用されることもあるのです。汚れが見えやすいように工夫をすれば、フィルターが無くても汚れを分離し交換することが可能ですから、大きなメリットがあると言えます。近年はこの仕組みを活用した掃除機なども販売され、現在も強い人気を誇っています。

複数のサイクロンを並列に組み合わせるというシンプルな構造でありながらも、大きな力と集塵能力・遠心分離力があるのが大変魅力な点と言えるでしょう。マルチサイクロンのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *