マルチサイクロンの原理と効果

マルチサイクロンは最近様々なところで利用されている仕組みでもあり、また工場などで高い効果を生み出す集塵装置でもあります。基本的には竜巻の原理を応用し、周辺のものを吸い込んで巻き取ることで空気中のほこりやゴミなどを集めることが可能であり、またこれらを狭い範囲に閉じ込めることができるという効果があることから様々な場面で利用されるものとなっているのが特徴です。その効果が広く知られるようになったのは、有名メーカーが開発したサイクロン型の掃除機です。これまでも本体の中で空気の渦を作ることで集塵効果を得ることができる掃除機は存在していましたが、非常に目詰まりがしやすい上その効果が持続しないと言う欠点がありました。

これはサイクロンの方式上フィルターなどにゴミが付着してしまい目詰まりを起こす事は不可欠なものであり、これまでは定期的にフィルターを清掃するしかその方法がなかったのです。この手間を省きながら効率的に高い集塵効果を得たいと言う発想で生み出されたのが、マルチサイクロンです。複数の小さな渦を集中して発生させることにより、総合的に高い吸引力を生み出すほか、集塵力を発生する部分が複数存在しているために目詰まりが発生しやすいと言うメリットもあります。この方式は現在様々な場面で利用されており、特に工場内で発生するオイルミストの状況などにも高い効果を発揮しているものとなっています。

オイルミストは非常に目詰まりの原因となることが多いのですが、マルチサイクロンの効果により長時間使用してもその効果を持続することができる仕組みとなっているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *