厨房排気は経済性への配慮を

厨房排気への配慮は安全対策にも効果があります。厨房排気フードと排気用ダクトが、厨房設備の重要ポイントです。厨房排気フードは、火を使用した調理で発生する高熱や煙を排出するのに必要不可欠な設備です。調理中の高熱は、油も混ざっているのがポイントです。

したがって、厨房排気フードは湯気や油分への耐久性が求められます。排気用ダクトは、熱や煙をスムーズに屋外へ排出させられることが求められます。排出される気体には、油分が含まれていますから、排気用ダクトに油分が蓄積されてしまう可能性があります。排気用ダクトに油分が蓄積し続けていると、火災が発生したときに延焼を引き起こす原因になりやすいので、できるだけ油分が蓄積しにくいような構造にしておくのが理想的です。

排気用ダクトは角度が重要です。施工する際に角度を調整し、排気用ダクトの内部に油分が付着しにくいようにしておけば、油分を含んだ気体はスムーズに屋外へと排出されるようにできます。角度の調整は、施工費用が高くなる原因になりやすいのですが、火災予防と安全対策の効果が得られることを考えると、経済性が得られます。排気用ダクトの内部に蓄積された油分が多くなってしまうと、高熱で発火することもありますので、高熱の調理を多く手がける場合には、安全対策も考慮して排気用ダクトの角度や傾斜を慎重に検討して施工したほうが、経済性が得られます。

施工時の工事費用だけでなく、火災対策も重視すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *