屋根裏でさわぐねずみ駆除

屋根裏でさわぐねずみ駆除には粘着シートと殺鼠剤の併用がおすすめです。

屋根裏で騒いでいるねずみはおそらく縦方向の移動が得意で運動神経のよいクマネズミの可能性が高いです。
屋根下の通気口や電線導入部と壁の隙間、汚れて閉じない換気扇や配管と壁の貫通部の隙間、戸袋や屋根ひさし、建物と基礎のすきま、壁のひび割れや穴などから侵入してきます。ねずみ駆除とともにそれらの侵入口を金属たわしやパテ、金網等でふさぎましょう。



屋根裏で騒いでいる個体は運動場として使用しているのでその場で食事をすることはありません。そのため、粘着シートと投げ込み式の殺鼠剤を使用してしばらく様子をみます。

ねずみ駆除とはねずみとの根競べでもあります。

非常に警戒心の強い生き物ですので普段見慣れない粘着シートや殺鼠剤の存在に警戒し、しばらくは寄り付かないで様子を見るでしょう。

存在になれるまで動かさずそのままにしておきましょう。運動場で食事をしなくてもねずみには貯食という習性があります。その場で食事をせずに安全な場所や巣へ餌を持ち込んで後で食べるのです。

この習性を利用して屋根裏のねずみは駆除します。



粘着シートにねずみがかかった場合は速やかに処理します。


そして同じ場所ではなくまた別の場所に粘着シートを設置しましょう。

ねずみは仲間が返ってこなくなった場所に寄り付かないためです。


また粘着シートの周りには新聞紙や包装紙等を敷いておくと、ねずみの足があぶらや水で汚れていても、足ふきマットの役割を果たしてくれるので、粘着剤の効果を損なうことなく発揮できます。



top